校長室

 

 

ごあいさつ

 

 かつて行田市内にあった3つの学校が統合し進修館高校となり、今年で16年目を迎える学校です。学校の歩みは106年の歴史を有し、忍藩の藩校『進修館』に由来した県内唯一の県立高校であり、校訓『誠実 進修』のもとに名実とも伝統校として現在があります。

本校は、目指す学校像『「進徳修業」の精神に基づき、知・徳・体の調和のとれた人材を育成し、明るく活力にあふれ、地域から信頼される学校」を掲げ、みずみずしい感性をもち、心豊かで、主体的に学ぶ生徒を育成しています

 これまでに卒業生は埼玉県内外の様々な地域でリーダーとして活躍する人材を輩出しており、その数は5万人を超えています。近年の卒業生には現役で早稲田大学や東京理科大へ合格する生徒や高校生では難関の技能五輪候補選手の試験に合格するものづくり科の生徒が例年複数名出ています。 これらを実現できるのも、本校の総合学科、工業系(電気システム科、情報メディア科、ものづくり科)に、生徒の興味・関心や進路実現に向けた幅広い知識、高度な専門的技術や技能を修得できる教育環境が整備されているからです。

本校は生徒の多様な個性と能力を伸ばす特色ある教育課程に取り組みます。そして、チーム進修館の優秀な教員が生徒の夢や目標を叶えるために全力で支援します。そして、『令和』の時代において生徒一人一人のもてる可能性を最大限に開花させます。

 また、行田市唯一の県立高校であることを活かして、総合的探究の時間『行田學』に取り組むことや地域と連携し積極的に活動へ参加することで、地域から信頼される学校づくりを推進してまいります。今後とも御支援・御協力を賜りますようお願いいたします。
  最後に これからも授業、部活動、学校行事での生徒の活躍や最新情報をリアルタイムで掲載し、本校の様子をお知らせいたします。引き続き、学校ホームページへのアクセスをお願いいたします。
 

令和2年4月
埼玉県立進修館高等学校
校長 水野 浩

 

 進修館高校は次の3つのことに重点的に取り組みたいと考えています。
 1 確かな学力の定着と主体性の確立

 学習では、知識偏重に偏らず、これからの社会に対応できる確かな学力の定着を図り、「自分で考え、自分で決定する」という思考力・判断力の育成を通じて主体性の確立を目指した教育活動を展開します。

 2 生徒の希望を実現する積極的な進路指導の実施

 進学では「主体的、対話的で深い学習(アクティブ・ラーニング)」を目指した授業改善や進学補習体制の整備を進め、大学進学等への進路実績の向上、就職では、丁寧できめ細やかな面接指導を実施し、希望する就職実現に向けて積極的に取り組みます。

 3 部活動の活性化と積極的な地域活動への参加

 部活動では、県内屈指の施設設備を活用し、昨年度に引き続き、各種大会での上位進出を目指します。また行田市唯一の高校として、地域のイベントやボランティア活動へ積極的に参加することで地域貢献を行うとともに、活動を通じて社会性を学ぶ場とし人間形成にも力を入れます。