電気システム科

電気システム科

会議・研修 シーケンス技能検定講習

 9月21日(水)電気システム科2年7組を対象に技能検定(シーケンス制御)の講習会が行われました。

 講師は埼玉県職業能力開発協会・ものづくりマイスターの栗原先生にご指導をいただきました。シーケンサの働きからその仕組みについて講義があり、その後シーケンサと検定機材を接続して1時間目を終了しました。2・3時間目はパソコンからプログラミングツールによりプログラムを作成し、実際に検定機材を動作させることができました。

 毎年、数名の希望者がこの技能検定を受験しています。今年の2年7組から将来の技能士を目指してくれるといいですね。

花丸 AEON埼玉フェアに参加してきました。

 9月18日(日)にイオン熊谷店(熊谷市本石)の3階催事場にて高校生埼玉フェアが開催されました。台風14号の影響からか朝から雨模様の1日でしたが、たくさんのお客様にご来場いただきました。今回は本校の他、熊谷工業、熊谷商業、熊谷農業、鴻巣女子、秩父農工科学の6校が3階に出店、皆野高校、熊谷商業、熊谷農業が1階に出店しました。

 本校からは、『クリスマスツリー製作』をものづくり科と電気システム科で共同出品、製作補助員として電気システム科2年7組より、相原君、浅見君、飯田君、岩井君、内田君、金井君、坂西君、宮本君の8名が参加してくれました。

 10時からの開催で、たくさんのお客様にご参加いただき、途中お待ちいただく場面もあるほどでした。準備した50セットもフェア終了1時間前にすべて終了することができました。製作補助員の生徒諸君も、初めのうちは小さなお子様の対応に不慣れで、ご迷惑をお掛けする場面もあったかと思いますが、対応を重ねるうちに自信を持って接することができるようになってきた様に思われます。

 フェア中、個性あふれる作品を作っていただき、途中から完成品の写真を撮らせていただきました。また、最高の笑顔もいただきました。ご参加いただいたみなさまに感謝いたします。

 

   

 

 

 撮影にご協力いただきありがとうございました。そして2年7組の精鋭たちよありがとう、お疲れさまでした。

合格 国家技能検定 電気機器組立て(シーケンス制御作業)に合格!

新年度となり授業も平常に行われるようになってきました。今回は2月に行われた国家技能検定 電気機器組立て(シーケンス制御作業)の合格者で記念撮影を行いました、

この試験は筆記試験および検定盤とPLC(PCで操作)を用いた実技試験で行われます。実技講習は本校職員による講習と協会からマイスターが講師として来校、放課後に3時間程の講習を延べ20日間ほど行ってきました。結果、3年7組の8名(受験当時2年7組)が合格することができました。

毎度、受験対策期間には生徒の体調管理を含め、保護者の皆様のご協力に感謝致します。今回の結果が進路決定を控えた3年生の一助となれば幸いです。

 

会議・研修 令和4年度 第二種電気工事士 上期筆記試験対策講習会 始まる!

 令和4年度は第二種電気工事士 上期 筆記試験が5月29日(日)に行われます。筆記試験突破を目指し、朝の講習会が始まりました。

 期間は4月13日(水)から5月26日(木)まで土日祝日、定期考査期間を除く24日間、全34回を予定しています。朝は7時15分より1時間、後半は放課後も行い、一人でも多くの合格を目指します。

 今回の受験者は電気システム科35名、ものづくり科8名、情報メディア科2名、総合学科1名、職員1名の計47名です。なお、電気システム科の2年生は全員受験となっています。

 講習会に際しまして、早朝から生徒を送り出していただき、ありがとうございます。保護者の皆様のご協力に感謝いたします。

 多くの生徒諸君が第二種電気工事士試験に合格できますよう、電気システム科職員一同、応援しています。

お祝い 後期資格試験取得者および資格試験合格者で記念撮影をしました。

 卒業式を明日に控えた今日3月10日(木)、施工管理 電気工事(2名:3年生)、第1種電気工事士(9名:2年生 3名、3年生 6名)、第2種電気工事士(5名:2年生 3名、3年生 2名)、工事担任者 第2級デジタル通信(2名:3年生)計15名(重複合格者2名)にて資格取得者および資格試験合格者の記念撮影をしました。

 例年、免許証の授与式として行って来ましたが、今回は残念ですが新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、記念撮影のみとなりました。

 資格取得では、早朝からの講習会や放課後遅くまでの実技練習をはじめ、ご家庭のご協力に感謝します。

 3年生は多くの生徒が資格取得にチャレンジして、たくさんの成果を上げることができました。そして明日の卒業式を経てそれぞれの未来に向かいます。1・2年生の諸君らも進路実現に向かって、チャレンジをして未来を掴んでください。その時はご家庭の皆さん、ご協力をよろしくお願い致します。