サッカー部からの連絡

サッカー部

第100回全国高校サッカー選手権大会 県ベスト52!

 第100回全国高校サッカー選手権大会埼玉県決勝トーナメント1回戦が行われ、進修館は西部地区の豊岡高校と対戦しました。

第100回全国高校サッカー選手権大会
埼玉県決勝トーナメント1回戦
10/9(土) 曇のち雨
11:45KICK OFF
 於 東松山陸上競技場

     前半 後半 合計
進修館  1  0   1
豊 岡  2  1    3

互いに一次予選を勝ち抜いたチーム同士の対戦。相手は西部地区の豊岡高校です。
試合は開始早々に動く。進修館はこの試合初めて得たCKのチャンス。金子が渡辺とのショートコーナーからニアサイドに低い弾道でシュート性のボールを入れる。すると混戦の中、加藤良がボールに反応しコースを変えボールはそのままゴールへ。進修館は早い段階で先制することに成功した。
その後、互いに譲らず試合は一進一退の攻防で進む。迎えた19分豊岡にCKのこぼれ球を押し込まれ試合は振り出しへ。そのまま前半終了かと思われたアディショナルタイム、またもやCKから豊岡に押し込まれ逆転を許してしまう。

後半は交代のカードを切りながら攻撃の糸口を掴もうとするが、なかなか得点には至らず時間だけが経過する。すると試合終了間際にも連携ミスから追加点を献上されタイムアップ。これにより進修館の選手権は県ベスト52という結果で幕を閉じました。

  

    

   
 
     
  
負けてしまったものの選手たちは、日々目標に向かって精いっぱい取り組んでいた姿勢は今後の大きな糧になるに違いありません。また、サポートにまわった選手たちも、試合に向けた準備や、試合中のサポート、試合後の片づけなど地道な仕事を一生懸命取り組んでくれました。無事に選手権大会を終えられたのも皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 
また、大会期間中は、相手校の皆さん、審判の皆さん、会場役員、関係者の皆さん本当にお世話になりました。
また、日ごろから進修館サッカー部の活動に際し、ご理解・ご協力そして、ご家庭での感染対策等、様々な面でのサポートを心より感謝いたします。今後とも何卒、変わらぬご声援宜しくお願い致します。

ご声援ありがとうございました。

2021選手権応援ポスターを作製しました

 我が進修館サッカー部はお陰様で2年ぶり4度目の選手権決勝トーナメントに駒を進める事ができました。これも日頃より多くの皆様のサポートがあってのことと感謝申し上げます。
 しかしながら、本校は未だ選手権決勝トーナメントにおいて勝利がありません。
今年の初戦の相手は『豊岡高校』です。悲願の決勝トーナメント初勝利目指して戦いたいと思います。

そこで、今年も多くの方々に『後押し』していただきたく思い、『応援ポスター』を作製しました。

 コロナ禍という大変な状況下、保護者の方やサポートしてくださる方々、大会関係者、環境、苦楽を共にした仲間など様々なものに感謝して精いっぱい戦ってほしいと思います。
 ~ 背負っているのは、背番号だけじゃない。~
いろいろなものを背負って力強く、『前へ、強く』進んでくれることを信じています。
 頑張れ!進修館イレブン!

 
★10/9(土)選手権決勝トーナメント初戦!ご声援よろしくお願い致します。
・対戦相手  vs 豊岡高校
※コロナ禍のため無観客開催となっております。ご理解・ご協力お願い致します。

選手権一次予選βブロック代表決める!2年ぶり5度目の決勝トーナメント進出へ!

 第100回全国高校サッカー選手権大会埼玉県一次予選が行われ、βブロック第1シードの進修館は、桶川、草加南に勝利しβブロックの代表を決めました。
 これにより進修館は2年ぶり5度目の選手権決勝トーナメント進出を果たしました。

 

 

 

 

 

 


 
 決勝トーナメント進出をかけた草加南との代表決定戦では、互いに譲らず拮抗した展開でスコアレスのまま前半終了。後半も苦しい場面もあったものの全員でしのぎ、試合終了1分前に浅賀が値千金のゴールを流し込みそのままタイムアップ。進修館は劇的な幕切れで草加南を下しβブロックの代表を決めました。

   

   
 
      

   

 決勝トーナメントに進出できる事に感謝して、上の舞台でも旋風を巻き起こせる様、チーム一丸となり頑張りたいと思います。
 大会期間中は、相手校の皆さん、審判の皆さん、会場役員、関係者の皆さん本当にお世話になりました。
また、日ごろから進修館サッカー部の活動に際し、ご理解・ご協力そして、ご家庭での感染対策等、様々な面でのサポートを心より感謝いたします。少しでも恩返しできる様、前進したいと思います。今後とも何卒、宜しくお願い致します。

★各ブロック代表チーム(28校)
A:川越西  B:朝霞西  
C:春日部  D:花咲徳栄
E:入間向陽 F:春日部東 
G:本庄第一 H:浦和
I:浦和北  J:深谷第一 
K:坂戸   L:川越東  
M:栗橋北彩 N:所沢中央 
O:東野   P:蕨
Q:川口東  R:豊岡   
S:川越南  T:獨協埼玉
U:山村国際 V:狭山ヶ丘 
W:東農大三 X:川口青陵
Y:飯能南  Z:慶應志木  
 α:秩父       β:進修館

ご声援ありがとうございました。

サッカー部選手権2019応援ポスターを作成しました。

『選手権応援ポスター』を作製しました

 我が進修館サッカー部はお陰様で2年ぶり3度目の選手権決勝トーナメントに駒を進める事ができました。これも日頃より多くの皆様のサポートがあってのことと感謝申し上げます。

 しかしながら、本校は未だ選手権決勝トーナメントにおいて勝利がありません。
今年の相手は県内最強の昌平高校です。
戦うからには、3度目の正直で高みを目指して臨みたいと思います。

そこで、今年も多くの方々に『後押し』していただきたく思い、『応援ポスター』を作製しました。

 今年こそ、選手権という大舞台で
       Go Ahead! ~ 前へ、強く ~   突き進んでくれる事を信じています。


★10/12(土)選手権決勝トーナメント初戦!ご声援よろしくお願い致します。
 ・対戦相手  vs 昌平高校
 ・会  場   昌平高校
 ・時  間   10:00 KICK OFF
 ※会場には応援用の駐車場は用意されていません。 
  会場校に迷惑をかけてしまいますので公共交通機関でご来場をお願い致します。



『サッカー部』選手権応援ポスターを作成しました

『選手権応援ポスター』を作製しました

 我が進修館サッカー部はお陰様で3年連続の選手権決勝トーナメントに駒を進める事ができました。これも多くの皆様のサポートがあってのことと感謝申し上げます。

 しかしながら、本校は未だ選手権決勝トーナメントにおいて勝利がありません。
今年こそは、新たな歴史をつくる気持ちを強く持ちチーム一丸となって臨みたいと思います。

そこで、今年も多くの方々に『後押し』していただきたく思い、『応援ポスター』を作製しました。

 今年こそ、選手権という大舞台で歴史を刻んでくれると信じています。


★10/14(土)選手権決勝トーナメント初戦!ご声援よろしくお願い致します。
 ・対戦相手  vs 川越東高校
 ・会  場   川越東高校
 ・時  間   13:30 KICK OFF
 ※会場には応援用の駐車場は用意されていません。 
  会場校に迷惑をかけてしまいますので公共交通機関でご来場をお願い致します。



サッカー部 3年連続 選手権二次予選進出決定!

 春の総体で埼玉県ベスト16に進出した進修館は、選手権一次予選は一回戦シードとなり二回戦からの登場となりました。


 
  ◆2回戦

 本校の初戦は、8/24(木)にホーム進修館サッカーグラウンドにて、三郷工技を破った栄北高校を迎えての一戦となりました。

 会場:進修館サッカーグラウンド 
  進修館高校 2-0 栄北高校     
    (前半0-0/後半2-0)

序盤は、初戦の緊張から慎重な立ち上がりとなり、お互いにボールが落ち着かない。その中でも選手間で声を掛け合い、積極的にゴールに迫ろうと試みる。しかし、栄北高校もしっかりと人数をかけて固い守備を見せる。前半はなかなか見せ場を作ることができず、0-0で終える。

後半開始と同時に選手交代をし、流れを掴み始める。そして、後半15分にGKのロングフィードを繋ぎ最後はFW小島(3年クマガヤSC)は待望の先制ゴールを決める。さらに、その1分後には、相手陣地のスローインを小島の素早いリスタートからMF佐藤(3年FC KAZO)が冷静に流し込み追加点をあげる。

 その後、互いにゴールを目指すもお互いの守備陣が体を張り、2-0で試合終了。進修館高校は1次予選代表決定戦に駒を進めた。

 ◆Bブロック代表決定戦
 代表決定戦の相手は、1,2回戦共にPK戦の接戦をものにして勝ちあがって来た児玉高校です。児玉高校とは支部リーグでも同じリーグに属しており互いに手の内を知っている因縁の相手です。

 会場:進修館サッカーグラウンド
  進修館高校 5-0 児玉高校
    (前半2-0/後半3-0)

試合は序盤から動きだす。前半4分、ロングボールからFW田中(2年大利根中)が抜け出し、先制点を奪う。その後も積極的にゴールを狙うがなかなか追加点が奪えない。児玉も持ち前の粘りで進修館ゴール迫るがDF陣がしっかりと跳ね返し相手に得点を与えない。そして、迎えた前半終了間際、FW田中がヘッドでこの日2点目となる追加点を決め、前半を2-0で折り返す。

前半2点のリードを奪ったものの、1回戦・2回戦と粘り強く勝ち上がってきた児玉高校に2点はセーフティーリードとは言えず、次の3点目が試合の大きなポイントとなるとチームは共通認識を持ち、後半も積極的に攻める。そして、後半10分にはキャプテン山本(3年忍中)が右コーナーキックから追加点を奪う。その後、途中出場の瀧澤(3年行田西中)や巻島(3年羽生東中)の2得点などの活躍により、試合は5-0で進修館高校が勝利した。
この試合5得点もさることながら、予選を通じて無失点で勝ち上がれたことに今年のチームの成長を感じた。



進修館高校は3年連続となる高校サッカー選手権大会二次予選出場を決めることができました。この結果は、選手・マネージャー・スタッフだけで勝ち得たものではなく、保護者の皆さま、サッカー部OB・OG、他の部活の仲間や先生方、トレーナーの皆さん、合宿でお世話になった方々等、数えきれない多くの方の支えがあったからであると感じています。これまでの進修館高校サッカー部に関わって頂いたすべての皆さまの力に感謝すると共に、その恩に報いるためにも二次予選でも全力を尽くし、上を目指して努力したいと思います。

これからも進修館高校サッカー部に変わらぬご指導・ご声援頂けますようよろしくお願いいたします。

県大会1・2回戦を勝利しベスト16に!!


6/10(土),11(日)で平成29年度高校総体県大会1・2回戦が行われました。

進修館高校サッカー部は格上相手に次々と紙一重の接戦をものに1・2回戦を突破しベスト16へと駒を進めました。

抽選の結果、1回戦の相手は熾烈な南部支部予選を勝ち上がってきた、市立川口高校。華麗なパスワークからゴールを狙う強豪校です。初の県大会会場校となった、ホーム進修館グラウンドで多くの生徒、教員、保護者の皆さまの大声援の中、1-1のまま延長戦、PK戦へともつれこんだ激闘は5対3で見事勝利を掴み取りました。

2回戦の相手は1回戦蕨高校を3-1で下し、2回戦へと駒を進めた朝霞西高校。10番・7番を起点にサイド攻撃からゲームを組み立てる、こちらも強豪校です。一進一退の攻防の中、後半27分に途中出場のMF志田が値千金の先制ゴールを取った。その後、朝霞西の怒涛の攻撃を凌ぎ切り、1対0で勝利した。

この結果、埼玉県ベスト16に進出し、来週の土曜日、6月17日にベスト8を懸け埼玉県屈指の強豪校武南高校と埼工大グラウンドで対戦します。









◆1回戦
  進修館高校 1-1 市立川口高校     
    (前半0-0/後半1-1)
  延長(前半0-0/後半0-0)
     PK戦(5-3)

◆2回戦
  進修館高校 1-0 朝霞西高校
    (前半0-0/後半1-0)
 

★県大会3回戦は6/17(土)です。進修館サッカー部の歴史をさらに塗り替えるために、頑張ります。
  ご声援宜しくお願い致します。









Hp

2017高校総体 県大会応援ポスターを製作しました

『2017高校総体県大会応援ポスター』を制作しました

少しでも多くの方々に『後押し』していただきたいと思い制作しました。

 今年こそ県大会で、 『進修館旋風』 を巻き起こしてくれることを信じています。

★6/10(土)県大会初戦...皆さまのご声援よろしくお願い致します。

H29高校総体 県大会出場決定!(1年ぶり3度目)

5/3(水),5(金),7(日)で平成29年度高校総体北部支部予選が行われました。

Aブロックの進修館は、格上相手に次々と紙一重の接戦をものにし県大会を決めました。
一回戦北本高校、二回戦では第一シードで関東予選県ベスト16の深谷第一高校、ブロック代表決定戦では県大会常連校の東京農業大学第三高校を撃破しての県大会出場は価値ある成果です。

二回戦の深谷第一戦では、延長戦に縺れ込む激闘で、PK戦が見え隠れし始めた延長終了直前に佐藤(3年・FC KAZO)が値千金の決勝ゴールを決め苦しい試合をものにした。
ブロック代表決定戦の東農大三戦では、2試合連続の延長でも勝負がつかずPK戦の末、1年ぶり3度目の県大会出場を手にしました。



◆1回戦
  進修館高校 7-0 北本高校
   (前半3-0/後半4-0)

◆2回戦
  進修館高校 1-0 深谷第一高校
    (前半0-0/後半0-0)
 延長(前半0-0/後半1-0)

◆Aブロック代表決定戦
  進修館高校 3-3 東農大三高校
    (前半0-0/後半2-2)
 延長(前半0-1/後半1-0)
      PK戦(5-3)
 

★県大会初戦は6/10(土)です。県での躍進目指して頑張ります。
  ご声援宜しくお願い致します。

【サッカー部】選手権公開抽選会に出席しました。

平成28年9月7日(水)
 さいたま市文化センター大ホール

 昨日、第95回全国高校サッカー選手権大会埼玉県決勝トーナメントの開会式及び公開抽選会へ登録メンバー26名とマネージャー1名で出席しました。
 開会式では、昨年度の大会をまとめたオープニング映像や、選手宣誓、出場チームの紹介や、多くの来賓の方々より激励のお言葉をいただきました。
 改めて選手権の重みを感じたとともに、これから始まる決勝トーナメントに向けて身の引き締まる開会式でした。
 開会式後に行われた公開抽選会では、各校のキャプテンが抽選し自分の学校のプレートをトーナメント表に掲げました。高校生にとっては集大成の大会だけあり、会場では各校のトーナメントが決まるたび一喜一憂するような大変盛り上がりのある抽選会でした。

 抽選の結果...進修館高校の初戦の相手は八潮高校決まりました。


選手権1回戦
  10/15(土)12:00 KICK OFF
 会場:深谷第一高校
 進修館高校vs 八潮高校

 選手たちはこれから県内の実力校と肩を並べ、思い切り戦ってくれるはずです。皆さまのご声援、宜しくお願い致します。


Yagura_2

Tyuusennkai1_2
                 プログラム写真の撮影

Syuugou
                   抽選会場前で

※決勝トーナメント組み合わせ
       →H28選手権トーナメント.pdf