日々の出来事

日々の出来事

野球部が小学校で出前コーチ

 野球部の生徒5名が、行田市立東小学校を訪問。
 スポーツ交流事業の一環で、小学生にボールの投げ方などを直接指導。市内の連合運動会を控えて、小学生たちも熱心に「お兄さん」たちの説明を聞いていました。
 「ティーボール」というゲームでは、本校の生徒が小学生に混ざり試合をしました。試合中も、バットの振り方や送球方法など、本格的に指導。将来の球児たちも目を輝かせていました。
 ボール投げの指導では、ボールの握り方からフォームまで、お手本を示しながら丁寧に説明しました。高校生がボールを投げると、すっごく遠くまで飛んで、大きな歓声が。小学生との違いを見せつけました。
 年の差が、思わぬ教育効果を生んでいます。
 
0

晴れ 先生も勉強!特別支援教育編

 教職員を対象とした研修会。
 テーマは、「特別支援教育の視点に立った発達障害の等の生徒の理解と支援」
 日ごろ感じている教育課題の中で、多くの先生たちが解決していきたいと強く願っているもの。今日の講師は、埼玉純真短期大学の伊藤道雄教授。
 公立学校に勤務されていた経験をもとに、学校の実情を踏まえた講義。目からうろこ、のお話に参加した先生たちもたくさんの発見がありました。
 今日の講義から、「子どもは一人一人みんな違う」、「子どもをとおして学ぶ」ことの重要性を理解しました。
0

【速報】 野球部 勝利!!

 本日、野球部が北部地区大会で勝利!
 9月11日(木) 上尾市民球場において秋季高校野球大会北部地区予選が行われました。シード校の本校は、桶川西高校と対戦し、延長戦の末、5対3で勝利しました。
 野球部のみなさん、おめでとう! 次の試合も頑張ってください!! 
 応援しています!!
0

ブラジル留学生ラファエル君 授業に参加!

 ブラジル留学生のラファエル君が、2年9組で授業に参加しました。
 担任の先生からの紹介の後、ラファエル君も自己紹介したところ、すぐに周りの生徒が話しかけてきました。言語は、ポルトガル語、英語、そして日本語のミックスですが、何となく気持ちが通じ合うところが素晴らしいです。
 
 
0

晴れ ブラジルから留学生

ブラジルから留学生がやってきました。
行田さくらロータリークラブの交換留学生として、ラファエル君が本校に登校しました。
来年の7月まで、およそ1年間、本校で国際理解を体験しながら、授業や部活動に参加します。
ホストファミリーやロータリークラブの担当者を交えた打ち合わせでは、緊張した面持でしたがしばらくすると会話も弾みリラックスした様子でした。
本校で多くのことを学び、充実した学生生活を送ることを期待します。
0