日々の出来事

日々の出来事

【女バス】合同練習with羽生実業高校

こんにちは、女子バスケットボール部です

 

5月11日(土)、男女ともに羽生実業高校さんにお邪魔して合同練習をおこないました!

昨年度まで進修館にいらっしゃった遠藤先生にもお会いし、新チームとして挨拶することができました。

 

    

       

 

普段は人数が少なくてできない対人練習ができるので合同練習の機会をいただけるのは本当に貴重です!

 

 

羽生実業高校バスケ部の皆さん、本当にありがとうございました!

またよろしくお願いします!

 

【野球部】練習試合(白岡戦)

5月11日(土) 対 白岡高校(白岡高校グラウンド)

 第1試合 2−3 負

 春季埼玉県大会でベスト32に入った白岡高校へ遠征し練習試合を行いました。

 3月16日にも練習試合を行っており、このときの第1試合は2−2で9回を終えタイブレイクの末2−7で敗れ、第2試合も2−5と敗れ連敗を喫している相手だったので何としてもリベンジを果たしたい試合でした。

 1回裏、4番霜田(3年)のタイムリーで先制点をあげ、続く2回裏にも内野ゴロの間に追加点を加え、序盤は2−0とリードした展開で試合が進みます。

 先発の河野(2年)はランナーを出しながらも4回までを無失点に抑えます。しかし5回表、1アウトからヒットを打たれ、自らのボークと牽制悪送球で1点を与えてしまいます。さらに6回には、大事な先頭バッターをフォアボールで出塁させ2アウトまでいったものの長打を浴び2−2の同点へと追いつかれてしまいます。試合の流れを把握することができずにピッチングをしてしまったことを反省しなくてはならないと思います。

 攻撃は7回以外は毎回ランナーを出し、得点をした1・2回を含めて5回スコアリングポジションにランナーを進めたものの、あと1本が出ずに2得点に終わりました。

 関口(3年)、堀川(2年)が複数安打と気を吐きましたが繋がりに欠けた攻撃となってしまいました。

 

 7回から河野をリリーフした霜田でしたが、8回表に1アウトから三塁打を打たれ次打者をピッチャーゴロに打ち取ったものの、打球処理を焦りエラーし決勝点を与えてしまいました。投げるだけではなく、牽制やフィールディング練習にも注力していかなくてはいけません。

 サインミスやランナーの判断ミス、ベンチの考えとの相違など試合でなくては出ないミスが目立つ試合となっていまったので夏の大会までに実戦力を高められるように練習を重ねたいと思います。

 白岡高校の皆さん、ありがとうございました。

【男バド】県大会出場決定!!

令和6年5月7日(火)~9日(木)に「学総大会個人戦 北部地区予選会」が行われ、ダブルス7組とシングルス10人が出場し、シングルス1人が6月に行われる県大会に駒を進めることができました。

<シングルス>

 小林 友(総合学科2年・吹上北中) 第16位 → 県大会出場!

 田中(総合学科2年・吹上北中) ベスト32

<ダブルス>

 坂本(総合学科3年・吹上北中)・齋藤(総合学科3年・行田中) ベスト32

 田中(総合学科2年・吹上北中)・大竹(総合学科2年・明和中) ベスト32 

 小林 友(総合学科2年・吹上北中)・久保田(総合学科2年・吹上北中) ベスト32

ダブルスはあと一歩で県大会出場を逃しましたが、シングルスは県大会に駒を進めることができました。県大会では1つでも勝ち進めるよう残りの練習を頑張っていきたいと思います。また、ベスト32の選手は8月の新人大会でシード権を獲得できる可能性が高いので、今後に期待したいと思います。

個人戦①個人戦②個人戦③個人戦④個人戦⑤個人戦⑥

【女子バド部】R6学総大会(団体戦)結果報告

<団体・北部支部予選>

4月15日(月)・16日(火)に行われました学校総合体育大会北部支部予選の結果報告です。

進修館 2-0 桶川
進修館 2-0 熊谷西
進修館 0-2 熊谷女子

進修館 2-1 滑川総合
進修館 0-2 深谷商業
進修館 2-0 正智深谷

北部支部で第6位となり県大会に出場することができました!
接戦になる試合もしっかりと勝ち切ることができ、強みである勝負強さや粘り強さを出すことができました。

<団体・県大会>

4月27日(土)から行われた関東大会の予選である県大会に出場しました。
この試合は新人戦ベスト4と各地区上位8校の36校で行われるトーナメント方式の団体戦です。

本校は北部地区で6位だったため、2回戦からの出場となります。

<2回戦>

西部地区3位の県立入間向陽高校と対戦しました。 

種目 選手(学年・出身中学校) スコア
 第1複

 森  (行田中・3年)
小林(赤見台中・2年)

 24 - 22
 19 - 21
 21 - 13

 単

髙山(羽生西中・2年)

 21 - 12
 21 - 16

 第2複

向井(上柴中・3年)
出井(太田中・2年)

 

第1ダブルスのスタートはプレッシャーとのたたかいでした。
特に、自分たちの攻めに転じたときにアウトが多く、自分たちの良さが出し切れませんでした。
ですが、ファイナルゲームで自分たちのペースに持っていくことができ、どうにか勝つことができました。
シングルスでは、シャトルのコントロールができており、実力を出し切った勝利となりました。

<3回戦>

新人戦2位(第2シード)の叡明高校と対戦しました。 

種目 選手(学年・出身中学校) スコア
 第1複

向井(上柴中・3年)
髙山(羽生西中・2年)

  4 - 21
  5 - 21

 単

岡田(行田中・3年)

  1 - 21
  1 - 21

 第2複

 森 (行田中・3年)
小林(赤見台中・2年)

 

第2シードが相手ということもあり、いいショットを打っても、厳しいコースのリターンが多く、難しい試合となりました。
ラリーをしていくうちに、少しずつ打てるようにはなってきたものの、やはり格上でした。

結果、3年ぶりの団体戦県ベスト16となりました。

2,3年生6人全員で出せた、素晴らしい成果となりました。

【野球部】練習試合(鴻巣戦)

5月6日(月) 対 鴻巣高校(進修館高校グラウンド)

 第1試合 1-5 負   第2試合 10-1 

 昨年秋のリーグ戦で敗れている鴻巣高校と練習試合を行いました。第1試合は霜田(3年)が先発し,初回にタイムリーとエラーで2点,3回にセーフティスクイズで1点を失い6回を終えて0-3と追いかける展開の試合となりました。

 攻撃は初回の1アウト満塁の好機を生かせずに無得点のまま試合が進んでいましたが,7回にようやく相手ミスで1点を返し,反撃できそうな場面を作りましたが走塁の判断ミスでチャンスを潰してしまいました。

 そのまま2点差で最終回を迎えますが3本の長短打を浴び2失点。1-5で敗れリーグ戦の借りを返すことができませんでした。

 この試合ではサインミスや判断ミスで得点を奪えず,守備でもエラーが失点に繋がるという悪循環のまま試合が進んでしまいました。淡々と試合が進んでしまったことを反省しなくてはいけません。

 第2試合は河野(2年)が先発し8回を散発3安打1失点。2番手毛利(1年)も無失点ピッチングを見せました。攻撃は吉田雄(2年)の3ランホームランや大島(3年)のタイムリーなどで大量10得点を奪いこの試合は勝利することができました。

 スタメンで出場した齋藤(1年),稲村(1年)もほぼフル出場し経験を積むことができました。

 鴻巣高校の皆さん,ありがとうございました。

【野球部】練習試合(鹿沼商工・足利大付属戦)

5月4日(土) 対 鹿沼商工高校、足利大学付属高校(足利大付高校グラウンド)

対 鹿沼商工 5−6× 負   対 足利大付 2−8 負

 GW後半も始まり、栃木県に遠征してきました。

 鹿沼商工戦は先発の霜田(3年)が4回まで無失点と試合を作れるようになってきました。

 0−0の5回表に、大島(3年)の二塁打と坂本(3年)の進塁打で1アウト3塁とし、毛利(1年)がセンター前へ落とし先制点をあげます。

 しかし、5回裏に霜田がピッチャーゴロを弾いてしまった所から3失点し1−3と逆転を許します。得点直後の失点がなかなか減ってこないことが勝てない大きな理由であることは明白です。それでも6回表に1点を返し、2−3と1点差に追い上げます。

 次の1点が勝敗を分ける1点だと感じて迎えた7回裏、ヒットとエラーで0アウト1・2塁となり、送りバントを決められ1アウト2・3塁のピンチを迎えます。ここで相手4番バッターの打ったサードゴロを藤倉(3年)が落ち着いてバックホームしタッチアウト。2アウト2・3塁となり、この場面で相手ベンチが取った作戦はダブルスチール。セカンドカットまではできましたがホームへの送球が悪送球となり大事な1点を与えて2−4とされてしまいました。

 しかし、直後の8回表に本校も粘りを見せます。先頭の山口(3年)がフォアボールを選び出塁。打順が上位に回って、1番関口(3年)と2番藤倉に連打が出て4−4の同点とします。逆転のランナーを3塁に置いたまま2アウトまで追い込まれますが、堀川(2年)の内野ゴロが相手ミスを誘い、見事逆転に成功し5−4の1点リードで最終回の守りとなります。 

 

 先頭バッターをアウトにし、1アウトからヒットとエラーで1・2塁。次打者を内野フライに打ち取り、2アウトまでこぎつけたものの相手5番バッターに右中間へ運ばれ二者が生還。惜しくもサヨナラ負けを喫してしまいました。

 最後の場面で慌ててしまったことが勝利を逃した原因だと思います。1つ1つの経験を積み重ねて夏の大会へ向けて少しずつ前進あるのみです。

 鹿沼商工高校の皆さん、ありがとうございました。

 続いて、足利大付の試合は先発した河野(2年)が霜田同様に4回までを無失点に抑えます。この間に関口の左中間への三塁打や相手ミスなどで2点を奪い、2−0で5回裏を迎えます。

 5回裏、先頭の相手6番バッターと次の7番バッターに連続長打を浴び、1点を返され2−1。さらに内野ゴロ間に同点となります。

 本校でヒットを打っているのは関口だけという攻撃の糸口が見えない状況の中、何とか守備で粘ってもらいたいところでしたが6回裏に長短4安打と外野にミスがあり3点を失い2−5。バッテリーは5回、6回と同じバッターに長打を打たれてしまったことを反省しなくてはいけません。

 そのまま試合は8回裏まで進み、この回から登板した藤倉が2つのフォアボールでランナーをためたところで内野にミスが出て1点を追加され2−6。さらにツーランスクイズも決められ点差を広げられてしまいます。

 前半リードしていた試合も、終わってみればジワジワと点差を広げられ連敗となりました。終盤に出たエラーが勝敗を分けました。プレッシャーのかかる場面でどう凌ぐか?ということが今後の課題となると思います。

 4月末から登板している稲村(1年)が、この試合は1イニングを無失点ピッチングし先輩たちに刺激を与えてくれました。

 足利大付高校の皆さん、ありがとうございました。

【女バス】練習試合@進修館

こんにちは!女子バスケットボール部です

 

皆様GWはいかがお過ごしでしたか?

私達女子バスケットボール部はGW前半の大会を経て、チームや個人の目標を再確認し、

後半も練習や練習試合を行いました!

 

4日(土)には、桶川西北本寄居城北高校を招いて4校で練習試合を実施しました!

3校とも以前合同チームを組んでいた学校です!

 
 
 

進修館はケガ人が数名いたために本領発揮とはなりませんでしたが、

それぞれの持ち味が見えた実りある練習試合でした。

 

5日(日)、6日(月)の2日間は活動をOFFとし、また7日から練習を再開していきます!

 

応援で御来校いただいた保護者の皆様、練習試合にお越しいただいた各校の皆様、

本当にありがとうございました!またよろしくお願いします!
 
 

【空手道】埼玉県空手道選手権大会 結果報告

進修館高校のページへようこそ!
5月4日(土) 埼玉県空手道選手権大会【会場:県立武道館】
1年総合学科の馬場椿さん(長野中出身)が県大会に出場し、1,2回戦を勝ち上がり3回戦進出を果たしました。
3回戦で惜しくも敗退してしまいましたが、今後の活躍が期待できる結果となりました。
これからも空手道部の応援よろしくお願いします。

☆☆結果報告☆☆
1回戦 馬場 8ー0 富士見の選手  勝ち
2回戦 馬場 4-0 花咲徳栄の選手 勝ち
3回戦 馬場 0-3 杉戸の選手   負け

GWも頑張る進修館生!!

令和6年5月3日(金)

進修館高校は、活気にあふれています。

GW中ですが、各部活動の生徒が、公式戦、練習試合、通常練習等、汗を流していました。

運動部22団体、文化部14団体、愛好会2団体。

進修館高校は、多くの部活動があり、充実しています。(一部の活動団体の写真を掲載)

        女子バレーボール部(練習試合)

 

           柔道部(練習)

          サッカー部(公式戦)

 

       男子バスケットボール部(練習)

 

       男子バレーボール部(練習試合)

 

         女子バドミントン部(練習)

 

         男子ソフトテニス部(練習)