日々の出来事

日々の出来事

工業科(電気システム科、情報メディア科、ものづくり(機械)科)の実習の様子

 令和6年4月25日(金)、工業科(電気システム科、情報メディア科、ものづくり(機械)科)の実習の授業を覗いてみました。

 

 電気システム科は、3年生の「実習」でした。将来、企業での仕事をイメージして、企画書作成技術やプレゼンテーション技術を高めるべく、ワープロソフト(Word)とプレゼンテーションソフト(PowerPoint)の操作技術を極めていました。

  

 

 情報メディア科も3年生の「実習」の授業でした。実習内容は、プログラミング。C言語と呼ばれるプログラム言語を学んでいました。真剣に取り組んでいました。

  

 

 ものづくり(機械)科は、2年生の「製図」の授業で、機械部品の図面を作成していました。「製図」は、ドラフターと呼ばれる専用台を用いて描きます。寸法(長さ)や角度が正確に描ける専用台です。

  

 

 どの学科の生徒も真剣に実習に取り組んでいました。「工業」に係る知識、技能、技術を身に付け、将来の仕事に備えてください。

 

ありがとうございました。 離任式

本日4月26日(金)、午後に離任式を行いました。

ご転出された先生方から、近況報告とともに進修館高校の魅力についてお話がありました。

生徒の皆さん、先生方からのメッセージ、しっかり受け止めてくださいね。

皆さんが、元気に頑張ってることが、先生たちは何よりも嬉しいです。 

 ご転出された先生方、今までありがとうございました。これからも進修館高校をよろしくお願いいたします。

今朝の屋上より

今朝は昨日の雨で空が澄んでいます。富士山も雪解けが進んでいます。本日は夏日予報です。(写真部S)

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山と忍城・行田市駅

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                            両神山と八ヶ岳                    赤城山

真剣に楽しく ダンス部練習風景

4月24日(水)、放課後の校内を見て回ると、真剣な眼差しで楽しく部活動をしている生徒たちの声が聞こえてきます。

 

今回は、いろいろなところからオファーが殺到しているダンス部の練習風景を紹介します。

練習場所に入って、動画をとってもいいかなと聞くと、明るく元気な声で『いいですよ♪』とこたえてくれました。

入部したばかりの1年生に先輩たちが丁寧に説明した後、みんなで少しダンスをしてもらいました。

短い動画ですが、真剣さと楽しさが伝わりますよね。とてもよい雰囲気で、チームワークよく練習をしていました。

4月27日(土)に、高大連携をしている関東工業自動車大学校のイベントにて、ダンス部が登場します。

是非ご覧いただけたらと思います。ダンス部の皆さん、また応援にいきますね!

 

組み立てて知識を体験 機械実習『原動機』

『M-Base』という実習棟の前にオレンジ色の車が止まっているので、ちょっと中をのぞいて見ました。

すると、機械実習という授業を行っており、生徒たちは『原動機』について学んでいました。

オレンジ色の車は、講師としてお招きしている関東工業自動車大学校の車でした。

生徒たちは、座学で学んだ原動機の知識を実際に触れ、組み立てることにより、深く実践的な学びへと繋げていました。

このあと授業が進むと、実際の車のエンジンを触るようです。楽しみですね。

進修館では、高大連携としてこのように高い専門性のある授業を日常的に行っています。

授業中の生徒たちのワクワクした表情がとても印象に残りました。素敵な学びをしていますね。

どんな音色がでるかな? 器楽『ヴァイオリン』

先日、音楽の授業で器楽として『ヴァイオリン』を本校で初めて扱うと教えてもらい、さっそく見学にいきました。

昭和音楽大学から講師の先生をお招きして、専門性に富む授業でした。

生徒たちは初めて触るようで、恐る恐る『ヴァイオリン』を手に取っていました。

講師の先生の指示に従い思い切って奏でてみると、想像以上に素敵な音が響きました。

生徒たちから感動の声が上がっていました。演奏するまでにはまだまだ時間がかかりますが、初めて楽器を触ったときの感動はいつまでも忘れないで欲しいです。

次は『ヴァイオリン』の演奏を動画でお届けできたらと思っています。

生徒の皆さん、よい演奏がお届けできるように、楽しみながら音楽の授業に集中して頑張ってくださいね。

進路ガイダンス【3年生】

進修館高校のページへようこそ!

4月22日(月)、3年生を対象に

総合型選抜ガイダンス第2回就職ガイダンスを実施しました。

総合型選抜ガイダンスでは、総合型選抜で受験する際の

手順・手続き・注意事項などを説明しました。

就職ガイダンスでは、求人票の見方や見るべきポイントについて

解説しました。

進学・就職ともに、悔いのない進路選択ができるよう、

進路先の検討を重ねてほしいと思います。

 

 

【野球部】練習試合(熊谷、藤代紫水、深谷第一、桶川戦)

4月13日(土) 対 熊谷高校(進修館高校グラウンド)

 第1試合 3-9 負  

 春季北部予選敗退後初の練習試合となりましたが、先発霜田(3年)が立ち上がりを攻められ、5本の長短打を浴び4失点。3回にはスクイズ、タイムリーに送球エラーが絡み再び4失点し0-8となります。5回にも内野ゴロの間に1点を与え0-9で試合を折り返します。

 攻撃面は熊谷高校が繰り出す4投手に的が絞り切れず散発5安打、得点は8回に押し出しで挙げた3点と寂しい内容となってしまいました。

 ここまで、球数やイニングで投手交代を行ってきましたが、この試合は霜田が123球を投げ完投。1試合投げ切ることができました。地区予選では12安打放った打線もタイプの違う4投手に対応することができませんでした。新たな課題をしっかり見つめていきたいと思います。

 熊谷高校の皆さん、ありがとうございました。

  

4月14日(日) 対 藤代紫水高校(藤代紫水高校グラウンド)

 第1試合 5-12 負   第2試合 3-4 負

 バス遠征で茨城県の藤代紫水高校の胸を借りました。1回表、制球の定まらない相手先発投手から2つの四死球を奪ったものの、出塁したランナーが牽制アウト2つを続けざまにくらい無得点に終わります。その裏、2日続けての先発となった霜田(3年)が昨日と同じように立ち上がりを攻められ5安打を浴び4失点。4回裏には犠牲フライで1点を追加され0-5で試合を折り返します。ここまで2安打に抑え込まれていた打線でしたが、6回にようやく反撃に転じます。先頭の山口(3年)の振り逃げでの出塁をきっかけに1番関口(3年)、3番長谷川(3年)、6番堀川(2年)にタイムリーが出て4得点し1点差に詰め寄ります。

 

 しかし、ランナーを置いた場面で外野手にエラーが出て6回裏に2点を失い、4-7となります。7回表は内野ゴロの間に1点を返し、再び1点差に詰め寄りますが、6回から2番手で登板した堀川が7回裏を踏ん張り切れずに2アウト1・2塁から三塁打を浴び4-7とリードを広げられてしまいます。さらに8回裏には2つの四死球にエラーが2つ絡み3失点し、終わってみれば2桁失点で敗れました。

 第2試合は地区予選で悔しい思いをした榎本(3年)が先発し、125球で9回を4失点と投げ切りましたが2-2で迎えた9回表に自らのボークや内野のエラーで2点を失い連敗となりました。ストライクを見逃さずにスイングするというテーマで試合に臨みましたが徹底することもできませんでした。

 この2試合で学んだことは、第1試合までの先発投手の準備(試合前ブルペンでのピッチング練習)が不足していたことに気づけたことです。疲れると試合に影響が出るから・・・と少ないピッチングで試合に入っていましたが、2試合目先発の榎本は試合前に80球ピッチングをした後、9回を投げ切ることができました。もちろん疲れは出てくるし、残ることも十分に予想されますがエースを狙う以上は普段の練習でどこまで自分に厳しくできるかが勝負だと思います。

 

  得点後の失点が多く、途中まで競った展開の試合をしていても最終的には点差が離されていることを反省しなければいけません。

 藤代紫水高校の皆さん、ありがとうございました。

4月20日(土) 対 深谷第一高校(進修館高校グラウンド)

 第1試合 16-0 勝   第2試合 7-7 

 第1試合は、1回表先頭の関口(3年)が左中間への二塁打で出塁。続く藤倉(3年)もレフトオーバーの二塁打を放ちいい形で先制点を奪い、試合の主導権を握ります。その後も当たりの止まっていた山口(3年)に二塁打がでるなど攻撃の手を緩めず大量16得点を挙げます。大量リードに守られた先発の榎本(3年)は深谷第一打線を散発3安打に封じ、高校入学後、初完封勝利を手にしました。

 第2試合は、入部したての1年生も試合に出場する試合となりました。4番に入った吉田雄(2年)の左越えホームランや毛利(1年)二塁打などで7得点を挙げますが、先発した河野(2年)が本来のピッチングとは程遠く2回表に5失点のビッグイニングを与えるなど7-7の引き分けとなりました。

 出場した1年生がフレッシュな動きで上級生に刺激を与え、チーム全体が向上してくればいいなと思います。

 深谷第一高校の皆さん、ありがとうございました。

 

4月21日(日) 対 桶川高校(進修館高校グラウンド)

 第1試合 0-6 負   第2試合 1-9 負

 第1試合は相手投手のストレートを捉えきれずにファールとなり、追い込まれた後にくるスライダーに手が出ず散発6安打、得点を奪うことができませんでした。先制点は連続エラーで失い、その後もミスが目立つ試合となりました。1点ずつ積み重ねてくる桶川高校の攻撃に我慢がきかなかったのだと思います。

 第2試合も8回まで無得点と、1試合目とはタイプの違うスローボールを上手に操る相手投手を攻略することができませんでした。この試合は今泉(3年)から藤倉(3年)という継投で投手陣の厚みを増すための取り組みを行いました。

 試合後のミーティングで、2試合を通じて覇気がないように感じたことを伝え、みんなが沈んでしまわないようにできることを考えて意見を出してもらいました。結果に左右されない3つのこと①ミスした人が声を出す、周りの人も励ますような声を出す②確認の声を出す③ポジションまで手を抜かないで走るということを練習からやり続ける確認ができました。「練習でやれないことは試合ではやれない!」ことを忘れずに練習に臨んでほしいと思います。

 この2日間は主将の長谷川(3年)が中心となり選手がメンバーを決めて戦いました。地区予選とは違うポジションを守った選手もいましたが、地区予選と比べミスが目立ちました。なぜ、自分がそのポジションなのか?ということを考えてもらえるきっかけになればいいと思います。

 また、攻撃では追い込まれたらバスターという指示を出していました。バスターの構えから始めることでコンパクトなスイングができヒットを打った選手もいれば、まったくタイミングが合わずに凡打した選手もいます。中には自分の世界に入り込み、指示を忘れて普通に構えている選手もいました。なぜ追い込まれたらバスターという指示だったのか。選手自身の中にバスターという引き出しを持ってもらいたいと思っています。

 桶川高校の皆さん、ありがとうございました。

【野球部】春季北部地区予選

春季北部地区予選H組1回戦

  4月11日(木)ハレスタ熊谷 

    本庄第一 14 − 9 進修館

 初回に制球の定まらない相手投手の立ち上がりを攻め、坂本(3年)、堀川(2年)の連続タイムリーなどで4点を先制します。

 2回表には2アウトランナーなしからヒットで出塁した藤倉(3年)を4番今泉(3年)のタイムリーで迎い入れリードを5点と広げます。

 しかし2回裏、先発の河野(2年)が先頭バッターをフォアボールで出塁させたところから4本の集中打を浴び一挙5失点し5−5の同点となります。

 3回裏には1点を勝ち越され、5−6となりますが、直後の4回表に関口(3年)にタイムリーが出て6−6とすぐに同点へ追いつきます。

 その後、一瞬試合が落ち着いたと思われましたが5回裏に1点を勝ち越され、なお0アウト1・3塁の場面で2番手の榎本(3年)へ継投します。榎本は内野ゴロの間に1点を失ったものの2つの三振を奪いこのピンチを踏ん張り6−8と2点ビハインドで試合を折り返します。

 6回表、先頭の榎本がライト前ヒットで出塁。続く1番長谷川(3年)がフォアボールを選び0アウト1・2塁と絶好の場面を迎えますが、バント失敗、三振とランナーを進めることができずに2アウトとなってしまいます。ここで2打席目にタイムリーを放っている今泉に打席が回り4番の一振りに賭けることになります。

 ここで今泉はみんなの期待に応え、見事に二塁打を放ち1点を返し7−8と1点差につめ寄ります。

 粘り強い戦いを見せる中で、何とか無失点に抑えたい6回裏でしたが連打で0アウト1・2塁となった後、バント処理にミスが出てピンチを広げてしまいます。こちらのミスを見逃してくれるほど甘くない本庄第一打線がこの場面で素晴らしい集中力を見せ、連続長打を浴びてしまいこの回4失点を喫し7ー12とこの試合1番のリードを許してしまいます。

 しかし諦めない本校は相手ミスと霜田(3年)の内野安打で0アウト1・2塁のチャンスを作り、次打者山口(3年)がきっちりと送りバントを決め1アウト2・3塁とします。2アウトになってしまったものの主将の長谷川が右中間へ運び、2点を返し9−12とします。

 得点後の守備で0をつけたい状況でしたが榎本が踏ん張りきれず2アウトから2失点し9−14。その後は両校無得点で試合終了となりました。

 スコアを見れば、12安打9得点と勝たなければいけない試合だったと思います。1番大事な場面でのバント失敗や記録に残らない守備でのミスが勝敗を分けました。

 すべては日々の練習の積み重ねです、残された夏の埼玉大会へ向け自分に厳しく、自分たちに厳しく本気度をもっともっと高めてやるしかありません。

 応援してくれた皆さん、ありがとうございました。今後とも本校野球部をよろしくお願いいたします。

本日も活動中 PTA・後援会総務委員会・大会会場

本日は午前中に、PTA・後援会の第1回総務委員会を開催しました。

委員の皆さま、お忙しい中、ご来校いただきましてありがとうございました。

いつも本校の教育活動へのご支援、ありがとうございます。本年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

グランドや体育館をのぞくと、サッカー、ラグビー、バレーボールが公式戦を行っていました。

本校は、グランドが広く、体育館が2つあり、施設が充実しているので、3つの部活動が同時に大会会場になることも可能です。

どの学校も新入生が入部し、フレッシュな感じとともに、冬の時期を乗り越えて逞しく成長した先輩たちが大活躍していました。

高校生の頑張っている姿をみると、とても清々しい気持ちになりますね。思わず応援の声がでました。

今日も活気に溢れた進修館高校です。