日々の出来事

平成26年度 第3学期終業式

3月24日(火)、平成26年度第3学期終業式を行いました。
今年度最後の全校集会。生徒は、いつも以上に真剣に校長先生の話を聞きました。

校長講話

 今年度を振り返って、授業や部活動への取組み等について、多くの生徒の頑張りがあった。特に部活動では、女子ハンマー投げ(卒業生江原さん)全国優勝、機械研究部全国優勝、準優勝も果たした。他の部活でも関東大会、県大会に出場している。3年生の進学や就職においても、大きな成果が上がった。
 ただし、これらはゴールではない。進路や部活動などにおいて、さらに上を目指して頑張ってほしい。4月8日(水)には新入生が入学する。みなさんも次の学年になる。上級生としての自覚をもって、来年度のスタート準備を進めてほしい。

 本校は、先生たちが一丸となって次のことに取り組んでいる。
① 生徒の第1希望の進路を確実に決められるようにすること。
② 生徒が自分で考え、規律ある生活が送れるようにすること。
③ 生徒が、部活動や学校行事などに積極的に取り組むこと。

 これらのことをよく理解して、生徒一人一人が努力してほしい。
 自分で限界を決めない。自分で「無理だ」と言わない限り、可能性は無限である。失敗を恐れずに勉強、部活動等に頑張ってもらいたい。
 10月31日の創立百周年記念式典を、全員で協力して成功させよう。

生徒のみなさん、校長先生の言葉をしっかり受けとめ新学年も頑張りましょう。