日々の出来事

田んぼアート ボランティア

 6/12(土)、行田市が誇る世界最大級の大きさとしてギネス記録にも認定されている「田んぼアート」の田植え作業が行われました。進修館高校からも多くの生徒がボランティアとして参加し、泥まみれになりながら田植えを行いました。また、その様子を新聞・テレビに取り上げていただきました。

 今年のテーマは「田んぼに甦(よみがえ)るジャポニスム~浮世絵と歌舞伎~」ということで、稲が育ち見頃を迎えるのは7月から10月ごろまでだそうです。