日々の出来事

【野球部】練習試合(小山西戦)

11月12日(日) 対 小山西高校(小山西高校グラウンド)

 第1試合 0−5  負 

 第2試合 1−17 負

 2日連続で県外遠征を組み、心身共に鍛えている真っ最中です。

 第1試合は2年生のみ、第2試合はバッテリーは1年生のみと制限をつけ、メンバーを選手たちが決めて2試合を行いました。

 第1試合は関口(2年)の2本と長谷川(2年)の1本の計3安打で三振を15個奪われ無得点。相手左ピッチャーのシュート系のボールに封じ込まれてしまいました。登板した先発関口、2番手榎本(2年)3番手山口(2年)はランナーを出しながらも我慢のピッチングを続けますが、0−5で敗れました。

 相手校のランナー1・3塁からのダブルスチール、スタートのタイミングをずらしたディレードスチールなど隙をつくランナーの動きがとても参考となる試合となりました。「打てないから負けた」では勝てる確率が高くなってきません。打てないときにどうやって得点を奪うか?ということを考えさせられるきっかけになってくれればいいと思います。

 第2試合は河野(1年)と吉田雄(1年)の初バッテリーで臨みました。河野のピッチング、吉田雄のキャッチャーとも高校入学後は初となりましたが、こちらの想像以上にやってくれて可能性を感じるものがありました。

 小山西高校の皆さん、ありがとうございました。