日々の出来事

1月19日(火)1・2年生総合学科「行田學」

 1月19日(火)、総合学科の1・2年生は、それぞれ学年ごとに「総合的な探究の時間(行田學)」に取り組みました。

 1年生は、行田の伝統産業の「足袋づくり」に携わる製造業者の方を講師としてお迎えし、足袋産業の概要やあらまし、さらには足袋製造の工程や高度な職人技術などについてのお話を聴講し理解を深めました。現在は、日常生活で足袋をはくことはほとんどありませんが、行田の伝統産業や足袋文化を後世に継承していくことの重要性を生徒たちも感じていました(実施後のワークシート(感想文)から)。

 2年生は、行田の町おこしや活性化のために各班で仮説として打ち立てた施策を検証するためのアンケート調査やインタビュー調査などの計画づくりに取り組みました。班の中には、行田市内の企業や業者にインタビュー調査を依頼すべく、電話でアポイントを取っている班もありました。感染防止対策に十分留意しながら、研究に役立つデータ収集に向けて頑張ってほしいと思います。

 

      1年生「行田學」                  2年生「行田學」

 

 1年生、2年生とも、行田をテーマに探究的な学習を深めることのできた有意義な時間となりました。