日々の出来事

学習評価に関する研修会

 1月29日(金)放課後、「新しい学習評価について~現在の動向を中心に~」というテーマで、県立総合教育センター主任指導主事を講師として、教職員の校内研修会をリモートで実施しました(講師は来校せず、センターから動画を送信していただきました)。

 令和4年度から次期学習指導要領が全面的に高校現場に導入されますが(先行実施として「総合的な探究の時間」が昨年度から導入され、本校では「行田學」と銘打ち取り組んでいます)、新しい学習指導要領における学習評価の在り方について全職員で研修に臨みました。

 特に、生徒の学習改善や教師の指導改善につながる学習評価としての「観点別学習評価」の在り方を中心に、評価のポイントや留意点等を学ぶことができました。今回の研修の成果を生かし、本校でも教育活動のさらなる改善につなげていければと思います。