日々の出来事

【家庭科】子どもの成長を見守って 家庭科高大連携

本日は、台風の影響で徐々に雨脚が強くなりそうな日です。

3時間目に行われた2年生の保育基礎の授業では、埼玉純真短期大学 布施教授に、「愛着と子どもの発達とおもいやり」をテーマに御講義いただきました。

「赤ちゃんはどのようなときに泣くの?」といったような生徒の興味をひくミニテストを交えながら、生徒同士の対話を引き出し、子どもへのおもいやりを育むとともに、気持ちを優しくさせてくれる授業でした。

進修館高校では、様々な教科・部活動等で、高大連携が積極的に行われております。

生徒たちに多種多様な刺激を与え、より深い学びへの仕掛けがいっぱいあります。地域と共に、社会で活躍できる人材育成に力を入れています。