日々の出来事

【野球部】練習試合(秩父戦)

11月26日(日) 対 秩父(進修館グラウンド)

 第1試合 2−3  負

 第2試合 5−16 負

 今シーズン最終戦となる練習試合を行いました。第1試合は2回裏の攻撃で相手エラーと堀川(1年)のヒットでノーアウト1・2塁とチャンスを迎えます。この場面で今泉(2年)がキッチリと送りバントを決め1アウト2・3塁とし、続く霜田(2年)がフォアボールを選び1アウト満塁の絶好機で8番坂本(2年)が打席に立ちます。坂本が完璧に捉えた打球でしたが、相手ピッチャーが好捕しライナーゲッツーとなりこの回は無得点に終わります。

 

 流れを掴めずに迎えた3回表に3連打で2点を先制された直後の3回裏の攻撃。先頭の山口(2年)がヒットで出塁するも低投でスタートを切ってタッチアウトになってしまいます。その後大島(2年)がライト前ヒットで出塁。藤倉(2年)が送りバントを決め2アウト2塁とスコアリングポジションにランナーを置き、3番関口(2年)がセンターへタイムリーを放ち1点を返します。

 試合はここから膠着状態に入り、次に試合が動いたのは8回裏。2アウトランナーなしから関口がレフトへ二塁打を放ちチャンスを作ります。ここで4番長谷川(2年)がしっかりとレフトへタイムリーを打ち同点へ追いつきます。

 そして最終回の守備。相手先頭打者が放ったライトへの当たりに途中出場の吉田雄(1年)がダイビングキャッチを試みるも後逸し三塁打としてしまいます。5回からここまで粘りのピッチングを見せてきた榎本(2年)でしたが、ここは踏ん張りきれずに1点を失ってしまいます。しかしノーアウト3塁を最小失点で切り抜け、9回裏に勝負を賭けます。

 先頭の今泉が痛烈なセンター前ヒットで出塁、続く霜田は送りバントを決め1アウト2塁と一打同点の場面でこの日ヒットは出ていないもののタイミングが合っている坂本を打席に迎えます。坂本への初球が低投となり、今泉が2塁からスタート切りますが、ここもタッチアウトとなり万事休す。競ったものの1点差で試合を落としてしまいました。

 この試合では、低投スタートでのタッチアウトと、最終回の外野手のダイビングが勝敗を分けてしまいました。新チームのスタート時から、低投スタートについてはチャレンジしようとやってきたことなのでスタートを切ったことは褒めるべきプレーだったと思います。しかし状況判断ができていなかったということは勉強していかなければならない部分であるとしっかりと受け止めなければいけません。点差、イニング、打順、試合展開・・・我々が次のステージに進むべき時がきたことを忘れずにオフシーズンの練習に取り組みたいと思います。

 第2試合は2回までに9失点、6回裏には7失点し大差で敗れました。

 試合後、順番で試合に出場するのではなく競争に勝ち抜いてレギュラーを取って欲しいという話をしました。個人個人がそれぞれの課題を見つけられたはずなのでその課題を解決すべく日々の練習に取り組んでもらいたいと思います。

 秩父高校の皆さん、ありがとうございました。