日々の出来事

女子バレーボール部FLV合宿参加

 7.21(土)~22(日)女子バレーボール部は、FLV実行委員会FLVアカデミー主催の文武両道場『デュアルチャレンジプログラム』に参加しました。このプログラムは、『普段の所属チームとは異なるプレイヤー、バレーボール指導経験の全くない社会人監督のもと、最終競技会で結果を残すことを目標に、勝てるチームを作り上げていく』というものです。参加した高校は13チームからなる選手131名、マネージャー4名。参加企業は全日本空輸株式会社(ANA)でした。
 選手は、普段とは異なる環境、チームメイト、監督スタッフのもと、試行錯誤を繰り返しながら、バレーボールに打ち込みました。チームにおける自分の役割や、自分の能力を主体的に判断しながらのバレーボールでした。選手の感想は、『体よりも頭脳を働かせることが多く、とても疲れた。』とか、『初めて出会った人と、バレーボールを通じて、こんなに仲良くなれるなんて思わなかった。』など、とても充実した2日間を過ごすことができた様子でした。
 バレーボールは1人ではできません。他者とどう付き合うか、自分とどう向き合うか、このプロジェクトを通して、人としても大きく成長できたのではないでしょうか。とても貴重な経験をさせていただきました。
 ちなみに、今回のプロジェクトは、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)にて8月1日(水)に放映されました。
  

 
放映された様子