日々の出来事

花丸 さきたま火祭り「コノハナサクヤ姫」にインタビュー

さきたま火祭り「コノハナサクヤ姫」にインタビュー


 「さきたま火祭り」では、多くの来場者が「コノハナサクヤ姫」の美しい姿を楽しみにしています。
本年度の火祭りでも多くの応募者の中から選ばれた総合学科3年、大野史穏さんにインタビューしました。
 Q「大野さん、どのようにしてコノハナサクヤ姫に決まったのですか?」
 A「実は、お父さんが応募してしまったのです。」
 Q「コノハナサクヤ姫に決まった時どうでしたか?」
 A「とても恥ずかしかったです。しかしお父さんが大変喜び、
  親戚の人たちも、たいへん喜んでいました。」
 Q「いつごろ決定したのですか?」
 A「今年の初めごろです」
 Q「決まってから何か準備はありましたか?」
 A「3月27日に撮影がありました。火祭りが近くなってから何回かリハーサルがありました。」
 Q「演じるうえで難しかったところは?」
 A「かごに乗っているとき、周りの状況にかかわらず、動かないでしっかり前を見ていることでした。」
 Q「かごに乗せられているとき怖くなかったですか?」
 A「怖くなかったです」
  「大野さん、来年の火祭りのポスターになりますね」
   (ちょっと照れくさそうなしぐさ (笑) )
  「ありがとうございました。」

 インタビューの最中終始笑顔で答えてくれました。凛とした姿から「コノハナサクヤ姫」に選ばれた風格を感じました。