日々の出来事

【野球部】練習試合(鹿沼商工・足利大付属戦)

5月4日(土) 対 鹿沼商工高校、足利大学付属高校(足利大付高校グラウンド)

対 鹿沼商工 5−6× 負   対 足利大付 2−8 負

 GW後半も始まり、栃木県に遠征してきました。

 鹿沼商工戦は先発の霜田(3年)が4回まで無失点と試合を作れるようになってきました。

 0−0の5回表に、大島(3年)の二塁打と坂本(3年)の進塁打で1アウト3塁とし、毛利(1年)がセンター前へ落とし先制点をあげます。

 しかし、5回裏に霜田がピッチャーゴロを弾いてしまった所から3失点し1−3と逆転を許します。得点直後の失点がなかなか減ってこないことが勝てない大きな理由であることは明白です。それでも6回表に1点を返し、2−3と1点差に追い上げます。

 次の1点が勝敗を分ける1点だと感じて迎えた7回裏、ヒットとエラーで0アウト1・2塁となり、送りバントを決められ1アウト2・3塁のピンチを迎えます。ここで相手4番バッターの打ったサードゴロを藤倉(3年)が落ち着いてバックホームしタッチアウト。2アウト2・3塁となり、この場面で相手ベンチが取った作戦はダブルスチール。セカンドカットまではできましたがホームへの送球が悪送球となり大事な1点を与えて2−4とされてしまいました。

 しかし、直後の8回表に本校も粘りを見せます。先頭の山口(3年)がフォアボールを選び出塁。打順が上位に回って、1番関口(3年)と2番藤倉に連打が出て4−4の同点とします。逆転のランナーを3塁に置いたまま2アウトまで追い込まれますが、堀川(2年)の内野ゴロが相手ミスを誘い、見事逆転に成功し5−4の1点リードで最終回の守りとなります。 

 

 先頭バッターをアウトにし、1アウトからヒットとエラーで1・2塁。次打者を内野フライに打ち取り、2アウトまでこぎつけたものの相手5番バッターに右中間へ運ばれ二者が生還。惜しくもサヨナラ負けを喫してしまいました。

 最後の場面で慌ててしまったことが勝利を逃した原因だと思います。1つ1つの経験を積み重ねて夏の大会へ向けて少しずつ前進あるのみです。

 鹿沼商工高校の皆さん、ありがとうございました。

 続いて、足利大付の試合は先発した河野(2年)が霜田同様に4回までを無失点に抑えます。この間に関口の左中間への三塁打や相手ミスなどで2点を奪い、2−0で5回裏を迎えます。

 5回裏、先頭の相手6番バッターと次の7番バッターに連続長打を浴び、1点を返され2−1。さらに内野ゴロ間に同点となります。

 本校でヒットを打っているのは関口だけという攻撃の糸口が見えない状況の中、何とか守備で粘ってもらいたいところでしたが6回裏に長短4安打と外野にミスがあり3点を失い2−5。バッテリーは5回、6回と同じバッターに長打を打たれてしまったことを反省しなくてはいけません。

 そのまま試合は8回裏まで進み、この回から登板した藤倉が2つのフォアボールでランナーをためたところで内野にミスが出て1点を追加され2−6。さらにツーランスクイズも決められ点差を広げられてしまいます。

 前半リードしていた試合も、終わってみればジワジワと点差を広げられ連敗となりました。終盤に出たエラーが勝敗を分けました。プレッシャーのかかる場面でどう凌ぐか?ということが今後の課題となると思います。

 4月末から登板している稲村(1年)が、この試合は1イニングを無失点ピッチングし先輩たちに刺激を与えてくれました。

 足利大付高校の皆さん、ありがとうございました。