日々の出来事

会議・研修 理科 ウニの受精の実験

理科(生物)の三上先生の授業のひとこま。
産卵期に採取したウニ(バフンウニ)から卵と精子をとり受精を行う生物基礎の実験。顕微鏡を使い受精の様子を観察しました。
慣れたもので顕微鏡の使い方もお手のもの。1人1台に割り当てられた顕微鏡を使い手際よく作業を始めました。卵に精子が集まり、受精膜現れ、その後分割が行われる様子を観察しました。
生徒は生命の神秘に興味津々。顕微鏡をのぞきながら細かくスケッチしていました。