ブログ

【野球部】練習試合(新潟第一戦)

4月6日(土) 対 新潟第一高校(進修館高校グラウンド)

 第1試合 6−3 勝   第2試合 5−5 分

 新潟から遠征に来た新潟第一高校と練習試合を行いました。

 第1試合は初回に関口(3年)のタイムリー二塁打などで2点を先制、4回には、下位打線が作ったワンアウト1・2塁のチャンスに長谷川(3年)、藤倉(3年)、関口の3連打で4点を追加し6−0とリードを広げます。守っては先発の河野(2年)が6イニング1失点、2番手の榎本(3年)が最終回に2失点したものの逃げ切りで勝利しました。

 

 この試合は5回以降の攻撃が淡白となり、三者凡退が3イニングあったことが反省点です。しかしながら守備面ではダブルプレーを3つ記録するなどランナーが出ても落ち着いてプレーできる場面が増えていると実感しました。

 第2試合は、2回裏に榎本のタイムリー三塁打と内野ゴロ間に2点を先制します。5回表、ここまで無失点ピッチングを続けてきた今泉(3年)が逆転3ランを浴び2−3とリードを許します。

 その後、6回から登板した坂本(3年)も押し出しのフォアボールなどで2失点し、2−5トリードを広げられます。    

 そして迎えた7回裏の攻撃は先頭の吉田悠(2年)と続く塚田(2年)が連続フォアボールでチャンスを作ったものの後続が断たれ無得点に終わります。

 続く8回裏、新井(3年)の二塁打などで作ったワンアウト2・3塁のチャンスで途中出場の霜田(3年)がライトオーバーの2点二塁打を放ち1点差まで詰め寄ります。

 

 さらに9回裏の攻撃、2アウトランナー無しまで追い込まれますが藤倉がフォアボールを選び出塁。2塁へ進塁した後、吉田雄(2年)がレフト線へ運び藤倉がホームインし土壇場で5−5の同点へ追いつきます。しかし3塁を狙った吉田雄がタッチアウトとなり試合終了。粘り強く戦えた試合は引き分けとなりました。

 大会前、最後の練習試合となりましたが守備力が安定してきていると感じられます。新基準のバットとなり攻撃は苦労する部分があるかもしれませんが、粘って守って県大会を勝ち取れるように頑張りたいと思います。

 新潟第一高校の皆さん、ありがとうございました。