ブログ

【野球部】練習試合(白岡戦)

5月11日(土) 対 白岡高校(白岡高校グラウンド)

 第1試合 2−3 負

 春季埼玉県大会でベスト32に入った白岡高校へ遠征し練習試合を行いました。

 3月16日にも練習試合を行っており、このときの第1試合は2−2で9回を終えタイブレイクの末2−7で敗れ、第2試合も2−5と敗れ連敗を喫している相手だったので何としてもリベンジを果たしたい試合でした。

 1回裏、4番霜田(3年)のタイムリーで先制点をあげ、続く2回裏にも内野ゴロの間に追加点を加え、序盤は2−0とリードした展開で試合が進みます。

 先発の河野(2年)はランナーを出しながらも4回までを無失点に抑えます。しかし5回表、1アウトからヒットを打たれ、自らのボークと牽制悪送球で1点を与えてしまいます。さらに6回には、大事な先頭バッターをフォアボールで出塁させ2アウトまでいったものの長打を浴び2−2の同点へと追いつかれてしまいます。試合の流れを把握することができずにピッチングをしてしまったことを反省しなくてはならないと思います。

 攻撃は7回以外は毎回ランナーを出し、得点をした1・2回を含めて5回スコアリングポジションにランナーを進めたものの、あと1本が出ずに2得点に終わりました。

 関口(3年)、堀川(2年)が複数安打と気を吐きましたが繋がりに欠けた攻撃となってしまいました。

 

 7回から河野をリリーフした霜田でしたが、8回表に1アウトから三塁打を打たれ次打者をピッチャーゴロに打ち取ったものの、打球処理を焦りエラーし決勝点を与えてしまいました。投げるだけではなく、牽制やフィールディング練習にも注力していかなくてはいけません。

 サインミスやランナーの判断ミス、ベンチの考えとの相違など試合でなくては出ないミスが目立つ試合となっていまったので夏の大会までに実戦力を高められるように練習を重ねたいと思います。

 白岡高校の皆さん、ありがとうございました。