日々の出来事

2022年2月の記事一覧

情報メディア科2年「専門学校による特別講義」

進修館高校のページへようこそ!!

令和4年2月15日火曜日1~4限
アルスコンピュータ専門学校の教員と学生に来校していただき、
4時間の特別講義を行いました。

内容
[1限]AIプログラミング入門
[2限]Unityゲーム制作体験
[3限]進修館OBおよびゲーム会社内定者トーク
   学生による作品紹介
[4限]ビジュアルデザイナーコースの作品紹介、専門学校紹介


・AI
手書きした数字の画像データをコンピュータに認識させるプログラムを作成しました。
1桁の手書きデータ0~9の画像データをプログラミング言語「Python」で書かれたプログラムに読み込ませ、どの数字が書かれているのかコンピュータに回答してもらいます。
自分の書いた数字がAIに認識されたり、されなかったり手書きデータをコンピュータに理解させる難しさを肌で感じることができたと思います。

・Unity
簡単なレースゲームを作りました。
未完成のゲームを完成させて、自分好みにカスタマイズしました。

ゲームエンジン「Unity」に触れる良い機会となったようです。
本校では3年次よりゲームエンジン「Unity」を取り扱うので、導入はバッチリですね。

・作品紹介
作品紹介では、卒業制作として完成させたゲームと、スマートフォン向けアプリなど様々な作品を紹介して頂きました。

2019年3月卒 野本 拓弥(羽生・西中出身)
2020年3月卒 酒井 悠輔(行田・南河原中出身)
2021年3月卒 青島 康輝(熊谷・吉岡中出身)

・ゲーム会社内定専門学生トーク


長谷川さくらさん、上野優真さん
ゲーム会社へ内定が決まった専門学生とのトークでは、内定をもらうまでの試験の内容などを説明して頂きました。
書類選考など一般的な選考方法に加えて、自分の制作した作品の提出が求められるので1年に平均2作品くらいは制作しているとのことです。また、ゲーム会社に就職するにあたり、ゲームを楽しむ側ではなく「ゲームを通して人を楽しませる立場」だという考えを持つことが重要だとお話ししてくれました。

0

「プロフェショナルに学ぶ」電気システム科

令和4年2月10日(木)に関東電気保安協会様による出前授業『プロフェッショナルに学ぶ』を、電気システム科2年生(39名)を対象に開催致しました。 実習内容は「安全講習」と「電気工作物の各種試験および測定」の2部構成で行われました。安全講習では電気が家に送られてくるところから、電線のショート実験やコードの発熱実験を行いました。試験・測定では高圧受電盤の保護継電器試験を行い、絶縁耐力試験では 6 000 V のかかる機器を目の前に、検査時に腰の引けた生徒諸君の姿が印象的でした。 

 昨年度に引き続きコロナ禍での開催となりましたが、こんな状況下でも ”電気利用は止まらない“ とのことで、今回もご指導いただきました。今回は本校卒業生の嶋田君(H29年度卒:写真右)、中根君(R2年度卒:写真左)の両名が実技講師として来てくれました。両名とも今後の活躍に期待します。

当日の様子は、電気システム科のページをご覧ください。

  

0

行田市美術展 開催中

行田市美術展が行田市総合体育館で13日(日)まで、開催されています。本校からは美術部・写真部・書道部の生徒が多くの作品を出展しています。

コロナ禍で行動が制限されるなかではありますが、広い会場でゆとりを保った展示になっております。芸術文化で心を癒してみてはいかがでしょうか。是非、御鑑賞ください。

第24回行田市美術展 行田市総合体育館 2月10日(木)~13日(日)

0

ものづくり科ニュース2月号

進修館高校のページへようこそ!

技能五輪(自動車板金職種)選手選考会に合格!

ものづくり科3年 石原陽彩 熊谷東中出身

石原さんは、株式会社SUBARUへの就職が内定しています。

【写真】左から 

ものづくり科教員ものづくりマイスター  横森裕光

技能五輪選手合格者 ものづくり科3年  石原陽彩さん

埼玉県立進修館高等学校長        杤原正浩

0