日々の出来事

2015年4月の記事一覧

資格取得 基礎製図検定

 4月23日(木)、ものづくり科2年生は、基礎製図検定試験(全国工業校長協会主催)の資格取得にチャレンジしています。
 この資格は、、製図の基礎的・基本的な知識や理解力を確かめる検定。全国平均合格率は約50%。今まで学んだ製図の力を確かめる試験です。

 ものづくり科2年生! 頑張れ!

※本校は、普通科、総合学科(進学の2系列、美術系列、商業系列)、工業3科(電気システム科、情報メディア科、ものづくり科)があります。そのメリットの一つに、資格取得があります。普通科の生徒も、総合学科の生徒も、工業分野の多くの資格が取得できます

0

生徒会は今!

 4月22日(水)、生徒会執行部の生徒は、大変忙しい状況。
 それは、今年度の各部活動の予算を決めるにあたり、各部の代表者と予算折衝を行っているからです。
 各部活動とも真剣に予算の必要性を訴えました。公平公正に予算を分配しなくてはならないので、生徒会執行部の生徒も真剣に耳を傾けています。

0

進修館はどんな学校?②

進修館はどんな学校?②

『進修館高校は大きい学校』 で有名ですが、実は小さいことでも有名。
それは・・・   普通科の教室です!

 本校の普通科は、1学年40名で入学。20人2クラスの少人数学級で学習します。教室も写真のとおりコンパクト(40人教室よりも小さい教室)なのです。理由は、簡単・・・・。

大学進学を目指す普通科は、学習環境をさらに整えているのです。具体的には、
①少人数学級なので、先生に質問をしても時間をかけた手厚い指導が受けられます
②教室がコンパクトなので、先生との距離が近く、さらに一層ひとり一人の学習を見てもらえます

小さいこと(コンパクトであること)でも有名な進修館なのです!

 
学習環境をさらに整えた、大学進学を目指す普通科の教室
0

卒業生 来校!

 4月20日(月)、平成25年度に卒業した大野さん(ものづくり科卒業)が来校し、ものづくり科1年生の実習授業で、講演を行いました。
 大野さんは、卒業後、富士重工業(株)に入社し、本校で学んだ技術が認められ、会社を代表する技能五輪(技術を競うオリンピック)選手として、勤務しています。
 競技種目は、板金。1枚の鉄板をハンマ一本で曲面に仕上げていきます。写真の大野さんが手にしているのは、製作課題の一つ。7時間が競技時間。
 また、大野さんから1年生に対し「3年間頑張った人は、必ず社会で必要な人になる。何ごとも全力で頑張ってほしい」というメッセージをいただきました。。

 1年生諸君、何ごとも途中であきらめず、最後まで頑張ろう! 努力は人を裏切りません!

0

まが玉、火おこし!

 4月20日(月)、生活福祉部と山岳部の生徒が、さきたま史跡博物館職員の方に御指導いただき、まが玉づくりと火おこしを行いました。
 これは、5月2日(土)、5日(火)に、さきたま史跡博物館主催の『古代体験 火おこしに挑戦』のイベントに、本校の生活福祉部と山岳部の生徒が、ボランティアで参加するため。当日は、地域の子供たちに古代人が行っていた、まが玉づくりと火おこしを教えます。
 本校生徒は、このイベントに参加し、子供のふれあい方、文明の利器のすばらしさを再確認することが学習の目的です。
 
 

0